プロポーズのタイミングは?

悪童理論という変わった名前の理論を聞いたことがあるだろうか。やさしさに欠け、毎日恋人を大切にせずがさつに扱っているのに、まれに見せる優しさでバッドボーイの恋人はメロメロになってしまうというわけなのです。
モノにしたい相手が暗い気持ちの場合はこちら側からは気になる異性の心を勝ち取る好都合なとき!声の出し方をうまく使い分けろ!高い声は活力を与え、低い声を使えば相手に安心する感じを与えます。
大勢でデートのとき、車の運転は間違っても譲ってはいけない!自分のすぐ隣にメロメロにしたい相手を座らせてあなたと二人きりのエリアを作りなさい。あなたの財布で支払ってもらうだけで二人の作業がそこに始まる。
女の人と会話を楽しんでいる途中で、枝毛を探していたことはありませんか?話しかけている相手が同性ではないということなら、気持ちを落ち着かせようとしている、つまり実は、好きという気持ちがある見込みも外れてはいない。
恋に夢中なときには冷静な判断というものができない傾向がある。ということはつまり、節度というものが正確にできる状態の人は燃えるような恋をしていないというしるしなのである。
心から微笑むと、相手を自分の彼女にしたいという本心をさりげなく告げることになる。付き合いたい相手にもその気持ちに気づいてもらえることになり、好きになるのです。
必見!暗闇の心理的な効果は、強烈!視線が相手から隠せるので、安心感や開放感を得る。誰でも人は、表情の動きを読まれることは苦痛なのです。
身の回りにある例では、遠いところから陥落させたい彼を呼んでみてください。早足とか走って近づいてきたら、好きという気持ちを持たれている相手である真実味が当然あると言えます。


http://toyamauwaki.sblo.jp/